わたしのはじめてはビッチギャル

「やっ、僅か道重さっ……今射精したばっかで敏感なのに……!」
「困難ぇ~うちのワイシャツ駄目にしたんだから、山場っちにブロック権なぁし!大人しく分け前ずられろい」
そんなにいって俺のアソコをでかぱいでゆさゆさと変動に扱く道重さん。やばっ、出したばかりなのにまた出ちゃう……!
なるほど、なぜこんな事に……。
――俺の肩書きはヤマダ。極々平凡な苗字で、土台はいたって平凡な男児大学生です。
ある日の夕刻、コンビニで購入をした帰りに俺は同級生のママ三人と出くわす。
「あっ、ヤマダじゃん」
げ……。俺は気持ち、違和感を覚えた。
彼女陣は学内でも付箋存在のビッチギャル。ソフィアにキレイ、ゆずりという肩書きですが、三人で絶えずつるみ、色んなダディーとレクレーションまくってると世評です。
そんな彼女陣に見つかった俺は、
「昨今泊めてよ。ウチところ三人くらい、普通に混じるっしょ?いいよね」
「ヤベー。キレイ、これチョー名案じゃね?」
「え?え?えあれれ!?」
彼女陣を泊める事例になってしまった……。しかも、
「ふふ、気持ちになってるんでしょ?ショーツ」
「う……そ、そんな事…」
俺の家で寛ぐ彼女陣。少ないスカートの下部から見せるショーツがスケベくて、俺は……。
「ウチところを泊めてくれた挨拶のうま味も込めて、一時スッキリさせてやり遂げるよ」
え!?
図書作品は紳士専用作で、ビッチギャルをヲタク青年が犯しまくって仕舞うというアナウンス。
4Pでの乱交熱唱がメインになる作なのですが、しょっちゅう一人ずつともエッチしたりするので、意外に丹念薄いちゃラブエッチが見られたり行う。3人主人公がいるので、好きな方とのエッチシーンで引っこ抜くも良し!3人一気にしてるシーンで追い抜くも良し!と、好みでできるのが良いですね。
図書作品を手掛けているのはセルビッチ水産さん。身の程知らずビッチな次女関連で有名なグループさんですね。むちむち上半身な次女のまりなさんがいない!のは多少寂しいですが、それをまかなうくらい今回の三人もスケベ素晴らしい!
いやはや、いつの方もおっ○いは大きいし、セック○大好きな淫乱だし、そういった三人とやりまくれるヤマダが羨ましい!こじんてきにはでかぱいの道重さんが気になりますかねぇ。
彼女のおっ○いのでかさは三人の取り分け随一。無性に大きすぎて、ヤマダのチ○ポを挟み込むとものが見えなくなって仕舞うくらい!
一方でキレイとソフィアも明るい!ビッチなのに純情でウブなところがあって……。
図書作品はハンディマンガ他で絶賛送達中間なのですが、はなし数値も速く、非常に読みやすいだ。まずはモデルを!
神奈川県の不倫調査