にょたいか応援団で頑張ります

見た目が女の子にそっくりな男子高校生の優希。少しでも男らしくなりたいからという事で応援団に入る事にしたのである。

そして応援団の夏合宿で人里離れた山奥の宿泊施設で練習を行っていたのだった。休憩中に奇妙な鏡の前に優希が経った時に偶然雷が鳴り響いたのだった。

その直後に優希の体は突然女の子になってしまい、驚きのあまり叫び声をあげてしまったのだ。叫び声を聞きつけて優希の元に駆け付けた同級生の利弘。

利弘に体が女の子になってしまった事を打ち明けると、利弘はなんと優希を自分のものにしようと体の関係を持とうとしてきたのであったのだ!!

さらに団長に説明するが、全く話にならずに顧問の教師に丸投げされてデリヘルと間違われて犯されていくのだ。そして他の団員たちからも次々と犯されていくのであった・・・。

ある日突然自分の体が女の子になってしまったらどうしますか?なんて事を読みながら考えてしまいました。多分エッチしてみたくなりますね!!

主人公の優希は顔がもともと女の子っぽく、利弘をはじめ顧問の教師にまで本当の女の子だったらな~と思われていたので、実際に女の子になってしまい、欲望を抑えられるわけがないですよ!

しかも男の時とは違って、オッパイを揉まれる気持ち良さとアソコを弄られる気持ち良さを感じて優希はどんどんハマっていきはじめ、快楽の虜になっていっちゃいます。

初体験の相手は利弘だったのだけれども、その後に顧問の教師の熟練のテクニックを体験して女の気持ち良さに目覚めて、もう止まらなくなっていっちゃいます!

こんな女の子みたいな男が本当に女だったらと思いながら読んでいくと面白いですよ。しかも男だらけの応援団の中に飛び込んだ女の子が無事に過ごせるわけもないです(笑)。
女子大生と教授(と僕)のありがちな